終電時間を見込んでタイミングよくホテルに誘う

トップページ > 終電時間を見込んでタイミングよくホテルに誘う

終電時間を見込んでタイミングよくホテルに誘う

ウェブで知り合った女性とリアで会う事になったら、まずは居酒屋に行ってお話ししながら緊張をほぐすと良いでしょう。

最初は緊張していて会話が上手に噛みあわなくてもお酒が入ってリラックスしてきて相手の事も徐々に分かってくると次第に緊張がほぐれてお互いの間にある壁が無くなる事でしょう。


まずは相手を安心させなくてはいけないので、お話しして打ち解ける事が重要です。

初対面なのに無言のままだと気まずいですし、その後エッチするのはよっぽどのイケメンでない限り難しいです。

まずは話下手でもいいので、とにかく楽しい会話を心がけて行きましょう。


そして重要なのは時間・タイミングです。

平日でも週末でもやっぱり電車がある時間、終電には帰りたいはずです。

最初からお泊りコースを期待している女性はほぼいません。

なので時間の計算をしないといけません。

逆算して、飲んで食べてホテルに行ってエッチしてホテルに出た後にちょうど終電前くらいのタイミングを見計らいましょう。


そうしないと帰りたい願望が徐々に膨らんでいき、良い雰囲気になったとしても帰ってしまいかねません。

明日が仕事だとか朝早いとか言いだしたら時すでに遅し。

アウトです。

住んでいる場所にもよりますけど、22時くらいにはホテルに入室できそうなタイミングで飲んでいるお店を後にするようにして下さい。



終電を逃した時ってこの後どうしようか困りますよね。

シティホテルやビジネスホテルに行こうと思っても普段ホテルを使わない人ってどこにあるのか、料金がいくらとか分からないですよね。

酔っている状態でスマホで値段や場所を検索したりするのも面倒です。


そんな時は昔恋人と言ったラブホテルなら場所は何となく分かるでしょうし、繁華街の少し離れた場所に沢山あります。

1人でも断られる事はまずないでしょう。

ラブホは実は女性1人でも入室できますからね。

入室もパネルのボタンを押すだけで簡単に入れますし、帰りの支払いもルーム内の精算器で払える施設も多いので便利です。


電車が無くなると夜遅く1人で不安になってしまうし、危険も多いです。

女性なら酔っぱらいのナンパ。

男性ならしつこい悪質な呼び込み。

たまには周りの目を気にせず一人ラブホを満喫しちゃいましょう。